工事を受注してみよう

>

在宅ワークをするための部屋

集中しやすい部屋にしよう

自宅で仕事を進める時は、専用の個室があると便利です。
その部屋には仕事で使うパソコンや書類、文房具以外は置かないでください。
余計なものがないと、何時間でも集中できるので効率の良い作業になります。
これまではリビングなど、普段から過ごす場所で仕事をしていた人が多いでしょう。

リビングはテレビがあるのでつい見てしまったり、他の家族の会話が聞こえて集中できなかったりするかもしれません。
テレワークになって、急激に作業効率が悪くなったら大変です。
仕事がうまく進まないと会社にも迷惑を掛けるので、テレワークが続くことを見越して、早めに個室を作る工事を依頼してください。
それだけの工事なら安く済み、工事期間も短めです。

ウイルスの侵入を防ごう

工事を請け負ってくれる業者は、抗菌仕様の壁紙を用意しています。
自宅の壁紙を抗菌仕様にすると、外部からウイルスが侵入しても除去できます。
ウイルスに感染するリスクが少なくなり、安心して生活を送れますね。
自宅でも手をこまめに洗ったり消毒をしたりと、感染対策をしていると思います。
もっと対策をしたいなら、抗菌仕様にするなどの方法を選択しましょう。

洗面所や玄関など、自宅の扉をタッチレスにする人も増えています。
タッチレスとは名前の通り、触る行為をなくした扉のことです。
自動にしたり足で開けたりできるような扉だと、家族同士が接触するリスクを下げられます。
自宅で家族と接触し、感染することがあるので、しっかり対策をしましょう。


TOPへ戻る